親の世代は大学進学率は30%程でしたが、現在は子供の半数が大学に進学、大学を選ばなければ高校生全員が何処かの大学に入れる大学全入時代です。昔に比べ大学自体の価値は低下していますが、何時の時代も有名大学に入るのは難しく、学歴によって人生が変わるのは事実です。

エスカレーター式の学校だと授業料は高いですが、入試で悩まされることはなく、子供の個性を伸ばす教育が可能、また、入試がなければ学校以外の勉強をする必要はなく、学習塾代は掛かりません。

学校での成績が良いと推薦入試の資格を得られますが、誰が推薦枠を得られるかはブラックボックス、つまり先生次第、先生との相性が悪いと成績が良くても推薦を貰えないことはあり得ます。

生徒を受け入れる学校は優秀の生徒が欲しいのですが、学校は生徒を売るようなことはしないため、そこで目を付けたのが学習塾、学習塾は学校と違い生徒を平等に扱う義務はなく、優秀の生徒は授業料の掛からない特待生として進学することも可能です。キャッシング 一番良いところ